【萩名産】強い歯ごたえが自慢!焼き抜きかまぼこ


焼き抜きかまぼこ発祥の地、萩市

ちょっとしたおつまみにも美味しいかまぼこ。
全国各地には様々なかまぼこがありますね。
そしてここ萩市もかまぼこの名産地なのです。

kamaboko

「焼き抜きかまぼこ」とよばれる製法のかまぼこがありますが、萩市は焼き抜きかまぼこ発祥の地なのです。

はじまりは萩の調理人「九郎兵衛」が、魚のすり身を蒲の茎にぬって焼いたものを、五代藩主毛利吉元公に献上したものといわれています。
吉元公はこれを大変お気に召し、以来江戸参勤の度に徳川将軍家への土産として献上。
将軍は非常に満足し、長州名物として賞賛しました。
そしてこれが世間にも広がっていったのです。
その後、改良が加えられて今日の焼き抜き蒲鉾となりました。

お殿様も愛した味が今に続いているのですね。

焼き抜きかまぼことは?

ところで焼き抜きかまぼことはほかのかまぼことどう違うのでしょうか?
関西地方に「焼きかまぼこ」と言うものがありますが、「焼き抜きかまぼこ」はこれとは違います。

成形したかまぼこをまずはゆっくりと板面から焼き上げます。
その後、反転して表面を急速に焼き上げる、という特殊な加熱法で作られています。
だから「焼き抜き」と呼ばれるのですね。

この製法によって独特のぷりぷりとした歯ごたえになるのです。

バリエーション豊かなかまぼこの数々

かまぼこの名産地、萩市。
萩市内にはたくさんのかまぼこ店があります。
お店ごとにそれぞれの特徴があるので食べ比べてみるのも楽しそうですね。

また、さいきんはチーズが入ったものや、同じく萩の名産ゆずを巻き込んだもの、油揚げを巻いたものなど様々なものもあります。

名店の商品でもスーパーで手軽に手に入るものがたくさんあります。

全国的には練り物の消費量が減ってきているようですが、たまにはおいしいかまぼこを味わってみてはいかがでしょうか?