行ったことありますか?市立図書館「萩あいぶらり」


hagi_city_library_1

この建物をご存知の方はいらっしゃいますか?

実はこれ、旧萩市立萩図書館の写真なんです。
わたしにとってはまだ、こちらの方が見慣れた「萩の図書館」ですね。
学生のころ、自習室で涼もうと思っていたらエアコンが入ってなくてがっかり、なんてこともありました。

1974年に開館された旧図書館は老朽化のために新築されることになり、2011年1月9日に閉館されました。
そして2011年3月21日に新萩図書館(愛称「萩あいぶらり」)が開館したのです。
hagi_city_library_2

広さは旧図書館の約2倍、座席数は約3倍。
読める本の数も約8万冊から14万冊へと格段に増え、郷土資料や明治維新史関連書籍などの貴重な図書を並べた調査・研究コーナーも新設されました。
DVDなどを見ることができる視聴覚コーナーやCD試聴コーナー、スクリーンなどを備えた映像ホール、子供向けの児童館も併設されるなど、旧図書館よりはるかに充実した建物となっています。
図書館というよりは市民の憩いの場、といった感じですね。

高い天井と広い窓が、明るさとデザインを両立させています。
hagi_city_library_3

極めて個人的な意見ですが、新しく追加された施設の中で一番の目玉は喫茶軽食コーナーだと思っています。値段も300~500円ととてもお手軽。
千円札が一枚あれば、朝からずっとここで本を読むこともできるのです!
活字中毒気味なわたしにとっては天国みたいなものです。

原則年中無休で朝9時から夜9時まで利用できるので、平日の仕事帰りや休日のちょっとした空き時間などに立ち寄ってみるのはいかがですか?


関連タグ: ,