【みかんの季節】夏みかんの豆知識


みかんがおいしい季節になりましたね♪

萩といえば夏みかんです。
natumikan

みなさんはどのくらい夏みかんのことを知っているでしょうか?

今回は萩が誇る果物、夏みかんに関するお話を書きたいと思います。

夏みかんの始まり

日本で最初の夏みかんは18世紀に西本チョウという女性が、青海島の海岸で果実を拾い庭先に種をまいて育てたものだといわれています。
その後、萩の侍や町人が夏みかんの実や苗を萩に持ち帰り、萩で夏みかんが栽培されるようになったそうです。
当時の呼び名は、ダイダイほか、その形状からバケダイダイ(!)と呼ばれることもあったそうです。
もっとも、当初は収穫期が分からず酸味が強いものという認識だったため、観賞用や酢の代用品として使われるほか、なんとボールの代わりとして子供のおもちゃにされていたそうです!
その後、たまたま夏に果実を食べた人がそのおいしさに気づき、ナツダイダイと呼ばれるようになったそうです。

image291

正式名称は「ナツダイダイ」

古くから栽培されてきた夏みかんですが、本格的に栽培されるようになったのは明治に入ってからです。
給禄奉還により困窮した生活を送っていた士族を救済するため、夏みかんの苗を配り栽培。
こうして萩の特産となったのです。

ナツダイダイの名で親しまれていましたが、明治17年、大阪の商人にすすめられて改名することになります。

夏代々と書くこともあったナツダイダイ。代々はヨヨとも読めます。
近畿地方では中風のことをヨヨといい、縁起が悪いとされたのです。
こうしてナツミカンという名前ができました。
夏みかんは商品名だったのです。

ところでどうして「ダイダイ」と名づけられたのでしょう?
それは、木になった果実が2~3年なり続け、同じ木に“代々”実がなるからだそうです。

また、多くのかんきつ類は冬に実がなります。
夏みかんも同じく実がなるのは冬ですが、先ほども書いたように実がなったときは酸味が強く食べられるものではありません。
そのまま収穫せずにおき、初夏から夏にかけて収穫されたため「ナツダイダイ」「夏みかん」と呼ばれるのですね。

ちなみに、夏みかんはほかのかんきつ類と出荷の時期がずれるため消費量は多かったそうです。
果実3~5個だけで米1升(1.5kg)と同じ値段で取り引きをされていた時期もあったそうです!

1100120

夏みかんの現在

大正15年5月夏みかんが花を咲かせる頃、当時の皇太子、後の昭和天皇が萩にお見えになりました。
その時こうおっしゃられたそうです。

「この町には香水がまいてあるのか」

それほど、萩には夏みかんがたくさん植えられていたのです。

しかしその後、海外のかんきつ類が輸入され始めたことや、新しい品種が出てきたことにより出荷量は減っていきます。
さらに、現在「夏みかん」として売られているもののほとんどは甘夏みかんで、従来の夏みかんは全国的に見ても萩で少し作っているだけの絶滅危惧種なのです!

とはいえ萩市と夏みかんは離せないもの。
多くの夏みかん商品が作られており、平成13年には全国の「かおり風景100選」に選定されています。

36846_48520_img


ところでご存知ですか?
愛媛県の旧国名がつくほど、愛媛県を代表する果実「いよかん」。
原産地は萩市なのだそうです。
萩市に植えてあったうんしゅうみかん(一般的なみかん)の木に突然変異でできたのが始まりだそうです。
萩はかんきつ類と縁が深いのですね。

いかがでしたか?萩の夏みかんを使った商品はいろいろあります。お土産にもお勧めです!
萩のお土産の定番!光國本店の夏みかん菓子


関連タグ: , ,