いまさら聞けない!反射炉ってどういうものなの?


平成27年 世界遺産登録をめざす!

IMG_2800

平成27年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」放送の話題で萩市は盛り上がっていますが、もうひとつ来年に向けて盛り上がっている話題があります。

「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の世界遺産登録。

萩エリアからはいくつかありますが、その中のひとつ「萩反射炉」はご存知ですか?
萩市に住んでいる方なら、名前を聞いたことはあるでしょう。
ではその“反射炉”とは何か?
炉という字から融解炉ということは想像がつきそうですが、どういう仕組みなのか、なぜ世界遺産の候補になっているのか、といったあたりはあまり知られていないのではないのでしょうか。
そこで、今回は萩が誇る産業遺産、「萩反射炉」について調べてみました!

熱を反射させて鉄の精錬を行う

images

反射炉の特徴は熱を発生させる火室と精錬を行う炉床が別室になっているところです。
火室で発生した熱を炉床に集中させて鉄を精錬するのですが、火室の熱を炉床に届けるために天井や壁で“反射”させます。
だから“反射炉”というのですね。

江戸時代後期、軍事力強化の一環として導入

image01

江戸時代後期、日本近海に外国船が増加し欧米列強に対する危機感が高まります。
そこで、旧来の技術では対応できないと感じた幕府や一部の藩は西洋式の溶解炉、反射炉を導入します。
最初に操業に成功したのは佐賀藩でした。
萩藩は技術習得のために佐賀藩に藩士を派遣します。
一度は拒絶されるものの、再度の訪問で見学を許可され、鉄製大砲の鋳造に取り組みます。

国内に現存している反射炉は2基だけ

反射炉は佐賀藩、萩藩のほか、伊豆国、薩摩藩、水戸藩、鳥取藩などで作られました。
萩市のものについては、記録では試験炉の操業が確認されたのみで、実用炉の存在は認められず、現存する反射炉は試験炉であったという見方が有力視されています。
現在遺構が残っているのは静岡県の伊豆の国市韮山と萩市の2基のみ。
萩市に残っているものは煙突の部分のみであり、試験炉ではありますが自力による近代化初期の資産としてとても重要なものなのです。

image

公園としても整備されており、春は桜の花との対比が美しい場所です。
今に残る先人の技術の結晶。
150年前に思いをめぐらせて見てはいかがでしょうか?


関連タグ: , , ,