約300年に渡って語り継がれている和船競漕「おしくらごう」


萩市玉江浦地区で行われる伝統の和船競漕「おしくらごう」では、ねじりはちまき・下帯姿の若者が掛け声をあわせて櫓をこぎ、白熱したレースを繰り広げられます。

おしくらごう


約300年に渡って語り継がれている和船競漕「おしくらごう」は、毎年6月の厳島神社祭礼に合わせて行われる伝統行事です!まさに海の男たちの祭りという感じですよね♪

おしくらごう

ちなみに公募参加による中学生や一般の部もあります。

本来の担い手である若者が減ってきている中でこういった伝統行事はこれからも続けていきたいですね!

是非足を運ばれて若者の熱意を感じてみてはいかがでしょうか?


関連タグ: