天然記念物から生まれた「川上ゆず」


永年作物・川上ゆず 

萩の特産品、川上ゆずを紹介します。
yuzu

萩市の西部に位置する川上地域に、ゆずの自生地がありました。これが我が国唯一のゆず自生地として、昭和16年12月13日に国の天然記念物に指定されました。

その後、昭和30年代からゆずの栽培が奨励されます。九州で挿し木を行い、自生ゆずを元に優れたゆずの苗を量産し、域内の植栽は1万本を越えました。ゆずの生産出荷は安定し、川上ゆずというブランドが確立していきます。

自生ゆずの穂木を採取して接木した在来種のため、改良品種と違い「果皮が厚い」「香りが良い」「日持ちする」特徴を持っています。


関連タグ: , ,