一度煮てから天日干し 「煮干いりこ」


そのまま食べても、ダシをとっても美味 

獲れたての新鮮なイワシを一度煮て天日乾燥させた煮干いりこ
iriko

凝縮された旨味

獲れたばかりのカタクチイワシを鮮度を落とさぬよう水淡いして、薄い塩水で煮沸してから天日で干し上げた「いりこ」はカルシウムやビタミンがたっぷりで、コクがありまろやかでダシに最適です。ちりめんより少し大きいカタクチイワシが原料となっています。そのまま食べても良し、酢のものや煎り甘辛にしても良し。自然食が見直されている現在、ふるさとの味として需要は年々高まっています。

一味違う いりこダシ

カタクチイワシのいりこは、魚独特の匂いが少ないため、まるごと使ってもおいしいだしが取れますが、ひと味もふた味も違うだしを取るためには、頭と腹わたを取り除きます。 また、いりこの味をもう少し強くしたい場合には、頭と腹わたを取らないで、水につけて一晩置いたものを使う方法もあります。
ダシに使う以外では、いりこのつくだ煮がオススメです。

乾物ですので日持ちも良く、実用的なお土産としても人気の特産品です。


関連タグ: , ,