「萩・長門清掃工場」の愛称が「はなもゆ」に決定しました!


現在、萩市山田に新清掃工場ができる予定なのですが、これは長門市と共同して建設しています。来年3月に竣工し、4月から供用を開始します!

萩・長門清掃工場


そこで、この「萩・長門清掃工場」が身近で親しみのある施設となるようにと、愛称を全国から募ったところ「はなもゆ」に決定しました!!

愛称の募集に関しては今年6月から8月にかけて実施し、全国から147点の応募があったとのこと。

愛称決定の理由は、大河ドラマ「花燃ゆ」が放送される年に稼動することにちなんだ「花燃(可燃)」(優秀作品から)と、優良作品に用いられていた萩と長門の頭文字「はな」のアイデアを採用し、さらに「はなもゆ」には「萩 長門 萌ゆる」の意味を当てはめ、萩・長門が手をつなぎ草木が芽吹くように発展していくという願いも込められているそうです。

供用開始までの流れとして

・12月17日 火入れ式
・12月22日~ 試運転による最終調整のため、萩市、長門市、阿武町の収集ごみの受け入れ開始
・12月26日~ ごみ焼却を開始
・平成27年1月5日~ 事業者等の直接搬入ごみの受け入れ開始
・1月~2月 ごみを焼却しながら各機器の最終調整
・2月~3月 性能試験、竣工検査
・3月25日 竣工式