配色によるホームページの雰囲気の違い


ホームページの制作にあたって配色はとても重要です。

同じレイアウトで同じ写真を使用したとしても、配色の違いで印象は大きく変わります。

店舗や企業、商品のテーマカラーを配色に生かす場合もありますし、ユーザーへの心理的な印象を優先してベースカラーを決定する場合もあります。

一般的によく使用される配色パターンは以下のとおりです。

暖色系のホームページ

オレンジや赤色、黄色などでまとめられた配色は、親しみやすさや楽しさ、安心感などを表現することができます。
生活感のあるホームページや料理関連のサイトなどには暖色系の配色がよく使われます。

寒色系

寒色は青色や青緑など、冷たさを感じさせる色のことです。
寒色は視覚的に副交感神経に作用し、興奮を鎮めたり食欲を減退させる効果を持つといわれていて、冷静さや知的さ、清潔感などを表現することができます。
以前は、企業のコーポレートサイトに寒色系が利用されている場合が多くありました。

鮮やかな配色のホームページ

彩度が高く明度が低いと鮮やかな色になります。
活発さや明るさ、楽しさなどを表現することができる配色で、雑貨や子供向けなどのサイトに利用される場合も多いです。

淡い配色のホームページ

彩度も明度も高い場合は淡い色になります。
女性向けのサイトに使用される場合が多いです。
ただ、軽すぎる配色になってしまうと、締まりのない印象ののホームページになる場合がありますので、アクセントカラーを使用するなどの工夫が必要になります。

暗い配色のホームページ

彩度も明度も低い場合は、暗い色になります。
重厚感や高級感などを表現することができます。
上手く配色できれば、シックで落ち着いた雰囲気になりますが、ただ暗いだけの配色になってしまうと怪しい雰囲気ののホームページになってしまいますので、注意が必要です。

ホームページについて詳しくはこちら
福岡県でホームページ制作を発注するならこちら


コメントは受け付けていません。