常念寺


常念寺

毛利輝元が萩城の築城時に宿舎にした寺。
表門は、もともと京都の聚楽第(じゅらくだい)の裏門として建てられたものを輝元が豊臣秀吉から拝領し、1633(寛永10)年に移築した。

萩城の築城時に毛利輝元が宿舎にした寺

門の形式は和様四脚門で、屋根は切妻造り本瓦葺き、両袖に潜戸が付いている。
規模はあまり大きくないが、木割は雄大であり、豪壮な彫刻に桃山時代の特徴が色濃くみられ、国の重要文化財に指定されている。

Info
名前 常念寺
住所 萩市下五間町17
営業時間
料金 無料
休日 無休
駐車場
電話番号 0838-22-0006
URL

出典:萩市観光協会