問田益田氏旧宅土塀


問田益田氏旧宅土塀

堀内地区にある延長231.7mの土塀の堂々たる土塀は、市内に現存する土塀のなかで最長。
当時この地に白塗りの土塀を巡らせた萩藩重臣の屋敷が建ち並んでいた面影を今も残している。

延長231.7メートル どこまでも続く堂々たる白壁

大組藩士問田益田氏(4,096石余)は、給領地を問田(現・山口市)に持っていたことから問田益田氏と呼ばれ、永代家老益田元祥を祖とする須佐益田氏の分家筋にあたる。
土塀の構造は下部の石垣と上部の塗り壁に分かれ、石垣部分は高さ約1.45m、幅0.8mの本瓦葺き。

Info
名前 問田益田氏旧宅土塀
住所 萩市堀内
営業時間
料金 無料
休日 無休
駐車場
電話番号 0838-25-3139 (萩市観光課)
URL

出典:萩市観光協会