北の総門


北の総門

脇戸付きの切妻造り本瓦葺き、柱間約6m、高さ7mの日本最大級の高麗門。
平成16年11月に、「萩開府400年」を記念して復元されました。
本柱や「冠木(かぶき)」と呼ばれる横材などは、欅(けやき)の巨木を使って復元しています。

高さ7メートル、日本最大級の高麗門

北の総門は、藩政時代に城下から三の丸(堀内地区)に入るために設けられた総門の一つであり、他に中の総門、平安古の総門がありました。
かつては門番が常駐して人の出入りを監視しており、門は暮れ六ツ(酉の刻)から明け六ツ(卯の刻)までは閉じられ、鑑札を持った者以外の通行を禁止していました。

その後、総門脇の土塁や船着場などが整備され、外堀に架かるものとしては全国唯一となる土塀付き土橋も整備。
土塀には白漆喰(しろしっくい)仕上げが施され、平成23年度に萩城跡外堀保存整備が完了しました。

Info
名前 北の総門
住所 萩市堀内
営業時間
料金 無料
休日 無休
駐車場
電話番号
URL

出典:萩市観光協会