東園


東園

指月公園北東隅にある池の周囲一帯をさし、かつては藩主の遊息の庭園で、大正14年(1925)に復元修理を行いました。
第2代藩主毛利綱広は園内に稲田を設け、自ら耕したともいわれています。5月にはつつじが咲き、大変美しい庭園です。

農事を勧めた由緒ある庭

元文2年から数年間 明倫館学頭となった山県周南の「東園記」によると、
「ここには昔から池があったのを 利用して茶人の李渓の設計で庭を築き、藩主のくつろぐ所とした。
引き続いて園内には池水を導いて永く稲を植える所を 残し、更にのち池の一部を耕田に復し、農事を勧めた由緒ある庭であった。
明治以降城の解体と共に廃れ、池は庭石と共に埋められたが、大正14年 池を中心に大体を復元した。」
とあります。

Info
名前 東園
住所 萩市堀内(萩城跡指月公園内)
営業時間 4~10月/8:00~18:30
11~2月/8:30~16:30
3月/8:30~18:00
(萩城跡指月公園)
料金 大人210円、小人100円(萩城跡指月公園の入園料金)
休日 無休
駐車場
電話番号 0838-25-3139 (萩市観光課)
URL

出典:萩市観光協会