萩城跡指月公園


萩城跡

萩城は慶長9年(1604)に毛利輝元が指月山麓に築城したことから、別名指月城とも呼ばれています。山麓の平城と山頂の山城とを合わせた平山城で、本丸、二の丸、三の丸、詰丸からなっていました。明治7年(1874)、天守閣、矢倉などの建物は全て解体され、現在は石垣と堀の一部が昔の姿をとどめ、ここ一帯は国の史跡に指定されています。

サクラやツツジ、花々に囲まれた毛利36万石の主城跡

旧本丸跡に歴代藩主を祀る志都岐山神社が創建された際、総面積約20万㎡の境内が指月公園として整備されました。城跡の構造をよく残していることが特徴で、園内には天守閣跡、梨羽家茶室、旧福原家書院、万歳橋、東園などの旧跡があります。また、幕末13代藩主毛利敬親が安政年間に藩主別邸・花江御殿に増築し、家臣とともに茶事に託して討幕の密議を凝らした茶室「花江茶亭」が明治22年に園内に移築され、現在、抹茶の接待を行っています。春には県の天然記念物に指定されているミドリヨシノを始め、600本余りのソメイヨシノが咲き誇り、桜の名所となっています。

夜は天守閣跡の石垣などがライトアップされ、水鏡に映る美しい姿をご覧いただけます。【点灯時間/日没~22:00(通年)】

Info
名前 萩城跡指月公園
住所 萩市堀内(萩城内)
営業時間 【4~10月】8:00~18:30
【11~2月】8:30~16:30
【3月】8:30~18:00
料金 大人210円、小・中学生100円 ※旧厚狭毛利家萩屋敷長屋と共通券
休日 無休
駐車場 萩市指月第一駐車場(普通車51台(310円)、大型2台(1,030円))
電話番号 0838-25-1826
URL

出典:萩市観光協会