高杉晋作誕生地


高杉晋作誕生地

幕末の風雲児・高杉晋作の生まれ育った家。
現在は、建物の一部を公開しています。
建物は江戸期より縮小されていますが、敷地内には晋作ゆかりの品や東行と号した句碑・産湯の井戸などがあり、当時の面影をよく残しています。

長州藩部隊 “奇兵隊” 結成!幕末の風雲児・高杉晋作

晋作は、天保10年(1839)に萩藩大組士、禄高200石 高杉小忠太の長男として生まれました。
藩校明倫館に通う一方で松下村塾に通い、頭角を表し、久坂玄瑞と並んで「松門の双璧」と称されました。

文久2年(1862)、外国に支配される清国(現:上海)を視察し危機感を抱いた晋作は、翌文久3年(1863)に身分を問わない我が国初の軍事組織“奇兵隊”を結成。
討幕戦を勝利へと導きましたが、胸の病が悪化し、下関・吉田(現:東行庵)に隠居。
慶応3年(1867) 結核のため、27歳と8ヶ月という若さでこの世を去りました。

萩博物館に「高杉晋作資料室」があり、産着から最晩年の書まで晋作に関する資料が数多く展示されていますので、一緒に見学するのもおすすめです。

【現在は個人所有の為、不定期で閉館していることもあります。ご了承下さい。】

Info
名前 高杉晋作誕生地
住所 萩市南古萩町23
営業時間 9:00~17:00
料金 大人100円(団体30名以上90円)/中高生50円(団体30名以上45円)
休日 不定休(要連絡)
駐車場
電話番号 0838-22-3078
URL

出典:萩市観光協会