吉田松陰誕生地


吉田松陰誕生地

杉家は代々毛利家に仕え、吉田松陰の曽祖父・文左衛門の時代から萩城下川島に住んでいた。
しかし、文化・文政の大火に遭い、文化13(1816)年、祖父・七兵衛が萩の東郊松本村に転居。
文政8(1825)年、萩城下江向の俳人・八谷聴雨の別荘(樹々亭)を、父・百合之助が買い求め、文政11(1828)年に兄・梅太郎が生まれ、5年後の天保元(1830)年に松陰が誕生した。

吉田松陰が生まれ育った萩市内を一望できる丘の跡地

松陰は吉田家を継いだ後も両親とともにこの場所に住む。
嘉永元(1848)年、一家は松本村清水口に移り、現在の松陰神社境内に生活を移した。
現在、誕生地に現存の建物は無いが、大正時代に設置した間取りを示す敷石が残っている。
誕生之地の石碑の揮毫は、松下村塾の門下生・山縣有朋によるもの。
文政7年に聴雨を慕って来萩した一字庵菊舎は「閑けさや樹々に聴かれよ 秋の雨」の詩を残している。
誕生地は萩市内を一望できる高台にあり、眺めが良い。
誕生地そばには、吉田松陰・金子重輔の銅像が建っている。

Info
名前 吉田松陰誕生地
住所 萩市大字椿東
営業時間
料金 無料
休日 無休
駐車場
電話番号
URL

出典:萩市観光協会