吉田稔麿誕生地


吉田稔麿誕生地

松下村塾から徒歩約3分の場所にあり、現在は石碑のみ残されている。

秀でた才能で松陰も一目置いた吉田松陰門下四天王の一人 

吉田稔麿は、天保12(1841)年、萩藩足軽・吉田清内の長男として誕生。
通称“栄太郎”、後に“稔麿”と名乗る。
8歳の頃、松陰の外伯父にあたる久保五郎左衛門の松下村塾で学び、安政3(1863)年、16歳のとき幽室の吉田松陰に入門。
熱心に勉学に励み、松下村塾では高杉晋作、久坂玄瑞、入江九一とともに松門の四天王に数えられ、松陰にも愛された門下生だった。元治元年(1864)年、池田屋での会合を江戸から使いに来たときに知り、その密議中に新撰組浪士に襲われた。
河原町の藩邸へ変事を知らせ、槍を掴んで再度池田屋へ飛び込むも死去。享年24歳。

Info
名前 吉田稔麿誕生地
住所 萩市椿東
営業時間
料金 無料
休日 無休
駐車場
電話番号 0838-25-3139 (萩市観光課)
URL

出典:萩市観光協会