品川弥二郎誕生地


品川弥二郎誕生地

天保14年(1843)萩藩足軽・品川弥市右衛門の子として生まれる。
松下村塾に学び、高杉晋作らと共に尊王攘夷運動に参加した。
英国公使館焼き打ちをはじめ、禁門の変や戊辰の役に参加し、大きな役割を果たしている。

晋作らと共に尊皇攘夷運動に奔走明治期の政治家・品川弥二郎

明治維新後は政府高官としてヨーロッパ諸国に滞在、内務少輔、農商務大輔、ドイツ公使などを歴任。
海運業の発展を計り、生糸の輸出を奨励した。
また、信用組合法を制定して庶民の金融機関を確立し、特に農村振興に関する諸制度も創建するなど「殖産興業の神」と称せられた。
後の松方内閣政権では、内務大臣を務めている。
晩年は吉田松陰の遺志を継ぎ、京都に尊攘堂を建設し京都大学に寄贈した。
明治33(1900)年、57歳で死去。
現在は、誕生地跡には石碑が建てられている。

Info
名前 品川弥二郎誕生地
住所 萩市船津2区
営業時間
料金 無料
休日 無休
駐車場
電話番号 0838-25-3139 (萩市観光課)
URL

出典:萩市観光協会