松本エリア

吉田松陰誕生地

杉家は代々毛利家に仕え、吉田松陰の曽祖父・文左衛門の時代から萩城下川島に住んでいた。 しかし、文化・文政の大火に遭い、文化13(1816)年、祖父・七兵衛が萩の東郊松本村に転居。 文政8(1825)年、萩城下江向の俳人・ …


伊藤博文別邸

伊藤博文旧宅に隣接する別邸。 明治40年、伊藤博文が東京府下荏原郡大井村(現:東京都品川区)に建てた広大な別邸の一部を移築したもの。


伊藤博文旧宅

伊藤博文は、天保12(1841)年熊毛郡束荷村の農家に生まれた。 幼名は利助、のち春輔、そして“博文”と改めた。 木戸孝允の義弟・栗原良蔵の紹介で松下村塾に入り「なかなか周旋家になりそうな」と吉田松陰の評価を得る。


松下村塾

松下村塾

幕末期に吉田松陰が主宰した私塾。 天保13年(1842)に松陰の叔父である玉木文之進が自宅で私塾を開いたのが始まりで、後に松陰の外伯父にあたる久保五郎左衛門が継ぎ、安政4年(1857)、28歳の松陰がこれを継ぎました。


1 2